パワーストーン

宝石にはそれぞれ宝石言葉と効果があるように、オパールにもあります。

それがパワーストーンであり、宝石の神秘とも言えることなのでしょう。

そこで、本日はこのオパールの宝石言葉や効果についてご紹介させていただきます。

まずオパールの宝石言葉についてですが、二次の輝き、純粋無垢、忍耐、安楽、心眼、希望といった、一人だけで幸福を得られるような意味合いがあります。

この言葉ぜんたいをうまく読みつなげてみると、やはり自分で何かをし、幸福を得るような人向けのような気がしますね。

忍耐で我慢をし、頑張る。

そして希望を持ちつつ心眼を手に入れ安楽を手に入れる。

そしてその人の特徴は純粋無垢といったところでしょうか。

赤ちゃんもこのような特徴ですよね。

買取価格にあまり影響はしませんが、このような宝石言葉を知っていても損はないでしょう。

次にオパールの効果ですが、オパールが持つ水分から、自分に若さとアンチエイジングを授けてくれるとされています。

他にも、オパールは恋愛によく効くとされています。

手の中に握って願うだけでいいそうです。

こう書くとちょっと都合のいいように思えてしまいますが、そのような効果は買取価格にはあまり影響しないようです。

オパールには魔術的な力があると信じられており、それを求めて多くの人たちが購入したがっているのもまた事実です。

このように、最初から最後まで常に神秘的とされているのがオパールのすごいところであり、人気の所以となっているようです。

※参考ページ→http://www.powerstonejiten.com/name/opal.html

ホワイトオパール

宝石にはそれぞれ宝石言葉と効果があるように、オパールにもあります。

それがパワーストーンであり、宝石の神秘とも言えることなのでしょう。

そこで、本日はこのオパールの宝石言葉や効果についてご紹介させていただきます。

まずオパールの宝石言葉についてですが、二次の輝き、純粋無垢、忍耐、安楽、心眼、希望といった、一人だけで幸福を得られるような意味合いがあります。

この言葉ぜんたいをうまく読みつなげてみると、やはり自分で何かをし、幸福を得るような人向けのような気がしますね。

忍耐で我慢をし、頑張る。

そして希望を持ちつつ心眼を手に入れ安楽を手に入れる。

そしてその人の特徴は純粋無垢といったところでしょうか。

赤ちゃんもこのような特徴ですよね。

買取価格にあまり影響はしませんが、このような宝石言葉を知っていても損はないでしょう。

次にオパールの効果ですが、オパールが持つ水分から、自分に若さとアンチエイジングを授けてくれるとされています。

他にも、オパールは恋愛によく効くとされています。

手の中に握って願うだけでいいそうです。

こう書くとちょっと都合のいいように思えてしまいますが、そのような効果は買取価格にはあまり影響しないようです。

オパールには魔術的な力があると信じられており、それを求めて多くの人たちが購入したがっているのもまた事実です。

このように、最初から最後まで常に神秘的とされているのがオパールのすごいところであり、人気の所以となっているようです。

※参考ページ→http://www.powerstonejiten.com/name/opal.html

オーストラリア産オパール

オパールにもさまざまな種類がありますが、取れる地域によってオパールの種類や色が変わってきます。

本日は、世界のオパールの75%を占めているオーストラリア産のオパールについてご紹介させていただきます。

オーストラリアではさまざまな宝石が取れますが、中でも大変人気があるのが、ブラックオパール、ホワイトオパール、そしてボルダーオパールです。

ブラックオパールとはオパールの中でも大変高価で、かつ貴重とされています。

黒地の宝石に青や赤などさまざまな色が入り組んでいるのが特徴です。

これはオーストラリアのライトニングリッジという地域でのみ発掘できる宝石です。

日本では黒地に赤が入っているのが人気ですが、世界的には黒地にさまざな色が入っている方が人気かつこうかとされています。

もしもこちらをお持ちの場合、買取価格もはんぱないでしょう。

次にホワイトオパールですが、これは産出量が大変多く、それほど高くもない宝石です。

最後に、ボルダーオパールですが、基本的岩の中で育つオパールのため、母岩オパールとも呼ばれています。

買取価格はそこまででもないですが、変わった形で販売するからこそ、そこに集まるファンもいるそうです。

オーストラリアでは主にこの三種類が大変売れる人気のオパールとされています。

他にも宝石やオパールはありますが、とりあえずこれらがメインです。

ブラックオパールを購入されたい方は、オーストラリアに行ってみるのもいいかもしれませんね。

▼おすすめリンク:オパール(opal/蛋白石)~組成・特徴・歴史・産地など宝石のスペックを写真や動画で学ぶ

メキシコ産オパール

メキシコ産のオパールは世界でオーストラリアの次に多く売れているオパールです。

基本的に明るいオレンジや白に近い色が多く、オーストラリア産のものと比べると中の水分が多いとされています。

さらに、水分が多く含まれるため、メキシコのオパールは透明度が高いとされています。

中でも本日紹介する4つのオパールは売れ行きも好調です:メキシコオパール、ウォーターオパール、ファイヤーオパール、そしてカンテラオパールです。

もう一つ、メキシコ産のオパールの特徴は、色がミックスしている部分が宝石の内側で立体的に行っているということです。

表面ではなく内側名ため、見つめているだけで異世界にいるような気分になります。

メキシコオパールは地が赤やオレンジ色の普通のものです。

次にウォーターオパールですが、実はこのオパールはメキシコオパールの中で育つ大変貴重なオパールです。

模様が水に浮かび上がるような模様のため、ウォーターオパールという名前がつけられました。

買取価格はこれが大変高いとされています。

ファイヤーオパールとは真っ赤から若干オレンジが入ったようなオパールで、日本人に大変人気のあるオパールとされています。

最後に、カンテラオパールですが、カンテラオパールは、ボルダーオパールのメキシコバージョンです。

母岩の中で育つため、大変レアとされています。

こちらも買取価格が結構高額になってくる部類でしょう。

このように、オパールの種類はさまざまですが、オーストラリアとメキシコは作り方が同じでも、違う色で出てくるようです。